中高年のダイエットとアラキドン酸の関係
5-リポキシゲナーゼ

中高年のダイエットとアラキドン酸の関係

人体が必要としながらも加齢で中高年になると体内で生産できず次第に減少していく成分がいくつもあり、そのひとつがアラキドン酸http://mysocial247.com/compose.htmlです。この成分は人体に必要不可欠ですから、特にポッコリ腹を気にしてダイエットをする際には、バランスのとれた食事やサプリなどでの補給に常に心がけましょう。

中高年のダイエットとアラキドン酸の関係はしばしば矛盾しがちで、ダイエットでは総体的なカロリー制限を行いますが、これは同時に必要な栄養素を含む成分の摂取が不足することになります。

そのひとつがアラキドン酸の不足で、たとえばダイエットの食事制限で肉類を極度に減らしてしまうと必要な体内量が不足してしまいます。
したがって肉類を食べないで野菜中心の減量対策は危険があると考えられます。
すなわち中高年以降のダイエットでは本来身体が必要とする栄養素で、加齢とともに減少するもの、特にアラキドン酸はきちんと必要量を摂取するようにしなければなりません。

アラキドン酸を多く含む食べ物は肉類や魚類、さらにはバターなどの脂肪分ですが、これを摂取し過ぎるとダイエットの効果が薄れてしまいます。
ここが矛盾点で、この矛盾を解決するためには肉類では脂肪分が多くない鶏肉のささみなどを多めにすることや、エゴマ油を野菜サラダに使うなどの工夫が必要になります。

アラキドン酸は心臓や肝臓と、特に脳細胞に不可欠ですからたとえば脳に不足すると認知症やアルツハイマー病などになるリスクがあると言われています。
また不足すると相対的にいわゆる成人病を引き起こす可能性が高まりますから、ダイエットをする際にはバランスがとれた食事をすることが大切です。

中高年での生活習慣病予防でのダイエット自体はよいのですが、極度の食事制限で肉類や魚類を食べないで野菜中心にし過ぎるとアラキドン酸の不足を招きます。したがってバランスが良い食事をすると同時に、医師と相談をしながらサプリの使用も考えることをおすすめします。